①近接 Proximity

①近接 Proximity

Proximity

近接

近接の原則とは

近接の法則とは、関係のある要素を近づけ、関係の薄い情報同士は遠ざけるという原則です。

「これは離れてるからあんまり関係ないなぁ」とか、「近くにあるからこれは関係があるんだなぁ。」とか・・・

関連する情報を近づけることで、デザインをグループ化することになります。
ページの構造と内容について手がかりを見る人(ユーザー)に与えることができるので、ユーザービリティに一役買うことができます。

つまり「関連性のあるものは近づけて、そうでないものは遠ざけてレイアウトする」ということ。

関連性の強いものを遠ざけてしまうと、ユーザーはそれらの関連性が低いと判断して間違った箇所を読んだり、
クリックたりしていまいます。

関連性の強いものは極力近づけて、関連性の弱いものは思いっきりスペースを空けてデザインしてみましょう。

こうすると似た者同士の集まり(グループ)が生まれ、意味のある余白も生まれ、人に読んでもらいやすいデザインになります。

近接の使い方

  • これからデザインしようとしている題材について、内容をよく理解する。
  • その上で、関連する要素はどれとどれか?を考える。
  • 関連する要素を近づけてグループ化する。
  • 「位置」以外にも、サイズ・色・書体などを近づけてグループ化する。
  • グループは沢山作りすぎないようにする。
  • 空白が均等にならないようにする。
  • 読者が迷わないことを意識する。